読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非メジャーアイドルナビ

一般的に「非メジャー」に分類されるであろうアイドルを追跡するブログです

フェアリーズ第二章のPVがハロプロクオリティに急降下した件

フェアリーズ安室奈美恵・SPEEDを輩出したライジング所属の女性アイドルグループ。世界に通用する実力派グループを目指して、2011年に結成された。

www.rising-pro.jp

 

よくわからないけど第二章が始まったらしい

私がボンヤリしている間にフェアリーズはちょっとしたスキャンダル*1を乗り越え、13枚目となるシングル「クロスロード」を、フェアリーズ第二章」という名目でリリースしたようです。

アイドルやミュージシャン界隈でよく見かける、そして私の中で「いったい何を言いたいのか意図不明でモヤモヤする枕詞ランキング」第一位に鎮座する「第二章」というキーワードを頭にくっつけてきた時点で、「ああ、やっぱりライジングに期待してもダメだったのか…」と、ずっこける気満々で覚悟を決めてライブ動画を拾ってみたのですが。

 

あれ、すごくいいじゃない。

 

youtu.be

 

そうそう、こうゆうタイプのダンスナンバーがフェアリーズには合ってると思いますよ。めちゃくちゃアイドル性の高いルックスなのに、こうゆう本格派なダンスができるのが、フェアリーズの強みですよね。

個人的にもマイナーコードの夏の曲は大好物だし。

ちなみにこの曲、See Stars Crewというグループのカバー曲だそうです。2012年の曲らしいですが、私はまったく知りませんでした。めちゃくちゃいい曲じゃないですか。歌詞も好きです。

 

で、どのへんが「第二章」なのかというと。

公式ホームページにはフェアリーズ第二章スタート! 今作では大人になったフェアリーズの新境地となる切ないメロディーが特徴的な楽曲となっています!」と書いてありましたが。

素直に受け取ると、「楽曲が大人っぽくなったから第二章」ってことらしいのですが、どう考えてもソレじゃないですよね。

誰が見ても一発で気づきます。明らかに変わってるじゃないですか。

どうやらここにきてフェアリーズは、ライジングお得意の「SPEED方式」を採用したようなのです。


伊藤萌々香下村実生は、島袋寛子今井絵理子になれるのか?

以前にも同じようなことを言っているので繰り返しになりますが、個人的にはフェアリーズは絶対に「SPEED方式」がなじまないグループだと思っています。

まず人数が違う。4人という少数精鋭で、ボーカル:ダンサーが2:2だったSPEEDに比べ、フェアリーズは7人→6人体制で、しかも全員それなりに歌えてダンスもうまい、わりと能力が平均化されているグループだと思っています。

もちろん、その中では萌々香と実生が頭ひとつ抜けているのは確かですが、だからと言って残りのメンバー4人が個性を発揮できていないかといえば全然そうじゃない。フェアリーズが「アイドル性」と「ダンス・歌のクオリティ」をものすごい高レベルな次元で両立できているのは、6人全員のスペック・能力がうまくマッチした結果だと思うのです。


確かにデビュー当初、フェアリーズは萌々香の1人ボーカル体制でいくのか、と思わせるようなスタートを切りました。

 

youtu.be

 

うーん、さすがにみんな若いですね。

萌々香の初々しさがたまりません。今では「物理的に不可能な激しさのダンスをしながら生歌で普通に歌う」「すべてにおいてCG並みの安定感」でおなじみの鉄人・伊藤萌々香ですが、デビュー当時は声も細くて表情もまだカタくて、いたいけな佇まいに思わず胸がキュンとします。

当時はやはり萌々香の存在感がとびぬけていますから、多少スキルが今より乏しかったとしても、ハラを決めて萌々香1人ボーカルでいくならそれはそれでアリだったのかもしれません。ライジングはそうゆうのが好きな事務所だし、昔は実際にそれで成功してますからね。DA PUMPとか、安室奈美恵withスーパーモンキーズとか。

 

しかし、結局2ndシングルでさくっと方向転換し、フェアリーズ「萌々香1人ボーカル」路線を選ばなかったわけです。それは萌々香の実力云々というよりも、「ファンのニーズに合わないから」という超合理的な理由でそうなったものと私は解釈しています。

いくら実力派がウリとはいっても、基本路線は「アイドル」なわけですから、ある程度はファンの要望に応えるべきだと思うし、実際フェアリーズはメンバー全員そこそこスキルがあったわけですから、この選択は正解だったのではないかと思います。

その後もなんだかんだ萌々香センター→実生の台頭→ツートップ固定、と若干「センター固定」への志向をのぞかせつつも、「6人全員が歌って踊れる本格派で、しかもアイドル性が高い」というフェアリーズのアイディンティティを形成してきたと思うのです。

 

だから、わざわざフェアリーズに一度はあきらめたSPEED方式を再度採用する理由は全くないと思うし、しかもそれを「第二章」と銘打ってこのタイミングで押し出してくるメリットがさっぱりわかりません。

萌々香も実生も十分歌はうまいですし、最近はそれなりのムードも出てきたと思いますが、しかしボーカリストとして同時期の寛子と絵理子には遠く及ばないと言わざるを得ません。*2

そのかわり、2人は歌いながら踊る能力がとびぬけて高い。特に萌々香は、さすが三浦大知の後輩、と思わせる凄みがあると思っています。

三浦大知のプチブレイクからもわかるように、やっぱりライジングがやっていることはブレない正統派で、間違いなく「スゴイ」ことなんだと私は思います。せっかく三浦パイセンが良い流れを作ってくれたわけですから、ライジングは全身全霊で「ライジングのアーティストはみーんなコレできるんですよ!!」と、事務所をあげて一括アピールしていくべきだと思うんですよね。

そして、もっとこの「歌いながら踊る」部分をフェアリーズの付加価値にするためにも、歌割をもう少し6人で割って、センター2人の負担を減らしたほうが、全体のパフォーマンスのクオリティは上がると信じているのですが、さてどうなんでしょう。

そして何よりも、それが「ファンのニーズ」に最も合っていると思うのですが。。と思ったら、今回の新曲でフェアリーズは自己最高となるオリコン初登場3位を記録したとかなんとか。おめでとうございます。

 

基本的に私は、特にアイドルに関しては「売れることが正義」だと思っていますので、この体制で売れるなら全然文句ないです。

ただ、初動が25000枚くらいという数字は、フェアリーズのポテンシャルから見て決して「売れている」数字だとは思わないし、全然妥当じゃない、全然満足できない数字だと私は受け止めています。なので、彼女たちが本当に順当に売れてくれるまで、私はたぶん何十回でも同じことを言うと思います。。

 

ライジングはいい加減にコンサル入れなさい。

 

別にCDの売り上げが低くても良いです。

ライブの動員がうなぎ上りに増えてもっと大きい会場でできるとか、メンバーがモデルや女優としてガンガン露出するようになるとか、目に見える「結果」がほしいです。
フェアリーズにはそれに値する実力があると思うし、何より彼女たちは「大衆に支持される」タイプの正統派アイドルだと思っているので。。


しかし、私もそろそろ年を取ってきたので、自分のこの感覚が時代に合っているのかどうか少しずつわからなくなってきました。

時代が変わったということなら、私にとって「今のアイドル」は、もはや自分が見て楽しめるもの、応援できるものではなくなってきたのかな、とも思います。*3


PVがハロプロみたいになっていた。。。。

さて、というわけで前置き(!)はここまでにして、今日の本題。

個人的には、楽曲もダンスも好みドストライクだった今回のフェアリーズの新曲「クロスロード」ですが、さてPVはいったいどんな仕上がりかと見てみると…。

 

youtu.be


ものすごい既視感…。なんだろうこれ…。

えーっと。えーっと……。

そうだ、この「延々と芸のないスタジオダンスショット」+「時々アップでリップシンク」、素材の良さだけに頼り切ったこのPV構成は……

 

youtu.be

 

我らがハロプロの得意技じゃないですか!!

 

あーあー、とうとう衣装が1種類+スタジオカットのみ、という良く言えば「シンプル」悪く言えば「低予算」なPVに手を出してしまったわけですね。

フェアリーズは今までわりとPVに凝っていて、内容の良しあしは置いておくとしても、衣装やロケにお金をかけている感じがして、ライジングのフェアリーズにかける意気込みをヒシヒシと感じることができたわけですが、とうとう匙を投げたか、と一瞬本気で心配になってしまいました。

 

それにしても、シンプルなPVだからこそ、ハロプロもそうなんですけど本当に素材の良さが際立っていて、「宝の持ち腐れ」としか言いようがありません。

juice=juiceなんて、ハロプロの素材のめちゃくちゃ良いところをかき集めたような精鋭グループだと私は思っているんですけど、なんでこんなにPVがショボいのでしょうか。。℃-uteと同じ外注先に頼んであげてください。

それにしても高木さんは歌がうまいですね。純粋な意味では、ハロプロで一番「歌がうまい」のは彼女なのではないかと思います。個人的には金澤さんの歌声が好きです。さすが歌のハロプロ、と思わせるボーカル層の厚さです。

そして佳林ちゃんの存在感の稀有さは筆舌に尽くしがたいものがありますね。彼女はモー娘。でエースになるものだとずっと思いこんでいましたが、今となってはジュースが結成されて本当に良かった。透明感があり一見無機質なドールに見えて、内に秘めたもののアツさは半端ない。松浦亜弥の後継者がいるとしたら、それに一番近いのは彼女なんじゃないかと思っています。

しかし相変わらずハロプロの振付は好みじゃないです。。これでダンスが好みだったら絶対にジュースファンになっていたんですけど、個人的な好みの問題として、どうしてもハロプロの楽曲と振付に共感を持てません。残念です。

 

そしてフェアリーズは、ハロプロと比べると歌唱力はイマイチですが、スキルを磨きながら非常にうまく成長していて、ルックスもスタイルも相変わらず平均値めちゃくちゃ高いと思いますし、何よりダンスと振付がものすごく良い。というか、個人的に好みです。

フォーメーションもフックのある振りも、そしてメンバーのパフォーマンスも、さすがライジングと感心せざるを得ないクオリティです。こうゆうことができる日本の正統派女子アイドルは実はフェアリーズ℃-uteだけなんじゃないかと私は思っているので、正統派好きとしては今後もぜひこのパフォーマンス力を磨き上げて行ってほしいところです。

ですが、このPVはナイです。メンバー全員かわいいし、衣装もセンス悪くないんですけど、何を狙ってこうしたのかサッパリわからないし、ただただ芸がない。ダンスを見せたいならワンカットでやるとか、もっといくらでも工夫できると思うんですけどね。

 

youtu.be

 

この頃の予算はどこに消えたのか…。

個人的には、「第二章」というならこの「BLING BLING MY LOVE」のほうがフェアリーズにとって1つの区切りになっていたと思いますが、本当に何を基準に「第二章」のするつもりなのか謎です。まさかこのままSPEED方式を貫くつもりなのでしょうか。だとしたら、早急な「第三章」のスタートを要求します。


フェアリーズ「第二章」の未来はどうなる?

というわけで、最近のフェアリーズに対する個人的な感想としては、「クロスロードは好きだけどフェアリーズの未来に明るさを感じられない」という一言に集約されそうです。

本当にフェアリーズのメンバーは何も悪いところはないし、歌もダンスもきっちり成長してくれてると思うし*4、なぜこのルックスとクオリティで売れないのか、ただただ不思議でしかないです。

だからこそ事務所も、なんとか売れるきっかけをつかもうと、むりやり「第二章」なんて打ち出してきたのかもしれませんが、結局その試みがまったく成功する予感がしない、というのが正直なところです。

特に女子グループは時間との戦いがシビアですから。何とか近いうちに「目に見える結果」を出せるように、そろそろ本気で焦って色々と仕掛けていただきたいと思います。*5

 

まさか、「予算が大幅カットされたのをごまかすための方便=第二章」なんてオチはやめていただきたいものですが、しかし、正直フェアリーズはすでにビジネス的に「あんまり成功しなかった」感が固まりつつあります。このシンプルすぎるPVを見る限りでも、なんとなく事務所がフェアリーズから兵力を引き上げつつあるような気がします。

このあたりで軸足を原宿駅前ステージあたりに移すのが、会社的には正解なのかもしれませんね。ふわふわとか素材そろいまくってますもんね。

でも、1つだけ言っておきたいのは、「素材がそろいまくってる」という意味ではフェアリーズが間違いなく同世代で飛びぬけてNO.1でしたよ。

それが売れなかったのは、「ライジングがうまく売れなかったから」、その一言につきると思います。

 

今後ライジングさんがどのグループをどのように「売り攻勢」かけてくるのかはわかりませんが、自分の好きなアイドルグループが思うように売れないのは本当に悲しいです。*6

しかし昔のようにマスメディアが機能していない今日、特に「CDが売れる時代ではない」ことはすでに周知の事実ですから、もはや「売れる」という価値観を妄信しない方向へ自分の考えをチェンジするべきなのかな、とも思います。

原宿駅前ステージのように、いろいろな具材を個人の好みにあわせて楽しくバイキングできるような形が、今の日本でアイドルを楽しむ方法としてメインストリームになっているのも1つの事実と言えるでしょう。

 

というわけで、私がフェアリーズの「第二章」に望むことは、フェアリーズとしてのアイディンティティを維持し、できるだけ長く活動してください、というささやかな願いがすべてです。*7

もはやどんなPVでもいいので、今後も歌って踊り続け、CDを出し続けてください。たぶん買い続けます。

 

クロスロード(CD+DVD)

クロスロード(CD+DVD)

 

 

*1:※まぁこうゆうのでアイドルファンは応援するモチベーションをなくすんだろうな、というお手本のような事件だったみたいですね。ちょっとスマイレージを思い出してウウッとなりました。ゆうかりん元気かな。。

*2:※個人の好みの問題も大きいですし、思い出補正もあるとは思うのですが、寛子と絵里子の歌声には、今のアイドルが誰ももっていないレベルの圧倒的な説得力があったと確信しています。

*3:※単なる愚痴です、すみません。。

*4:※たぶん。萌々香と実生以外の成長を確認できる機会が少なすぎる。

*5:※老婆心ながら、メンバー自身ももう少し焦っていいはずだと思います。それこそもういい歳ですから、何か自分にできる+αを考えないといけません。アイドルに限らずですが、自分で考えて動ける人間じゃないと生き残れない時代みたいですよ。事務所の制約もあるから大変だとは思いますが。。

*6:※こんなあほなことを言っても無意味だし、すねた子供のワガママと一緒で、なんの生産性もないつまんない愚痴だとはわかってはいるのですが。。

*7:SMAPさえも解散してしまうご時世ですからね。。