読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非メジャーアイドルナビ

一般的に「非メジャー」に分類されるであろうアイドルを追跡するブログです

伊藤萌々香がセンターに戻ったフェアリーズ。覚醒した下村実生。第二の安室を夢見る事務所。

フェアリーズのセンターがまた変わった!

フェアリーズ安室奈美恵・SPEEDを輩出したライジング所属の女性アイドルグループ。世界に通用する実力派グループを目指して、2011年に結成された。

www.rising-pro.jp

 

フェアリーズの新曲「Mr.platonic」のイベント動画*1youtubeで見た時、私は自分の好きな曲調とダンスだったのでテンションが上がったと同時に、結局フェアリーズは何も変わらなかったな、と少し残念に思いました。結局伊藤萌々香をセンターに戻して、ソロの歌割は萌々香と実生しかないのか、と…。

youtu.be

 

萌々香をセンターに戻すことや、2人だけがソロを歌うことに何か異論があるわけではないのですが、前回のシングル「相思相愛☆Destinationで不動だったセンターが交代し、やっとフェアリーズが新しい事を始めた!と期待をこめて彼女たちに再度注目し始めたところだったので、結局フェアリーズ陣営が「センターを萌々香に戻して、今まで通りソロは萌々香と実生だけ」という、いわば保守的な選択を取ったことに対し、非常に複雑な気持ちを抱きました。

実際これが妥当なんだろうなという納得の気持ちが半分、そしてフェアリーズのチャレンジが中途半端に撤回されてしまったことへの残念な気持ちが半分、といったところでしょうか。

 

PVを見てみると、センター萌々香、次点は実生、フェアリーズはこの2TOPでやっていく、という事務所・レコード会社のハッキリとした意思表示を感じました。

youtu.be

 

前作の「相思相愛☆Destinationは今までのフェアリーズにないアイドル感のあるアニメっぽい曲で、なんとなく萌々香というより実生のほうがイメージに近かった気がしますが、今回のようなフェアリーズの得意とするダンスミュージック路線は、やはり萌々香センターのほうがしっくりくるようにも思います。しかし、実生はもちろん空も理香子も真尋もみりあも、誰もがこの曲で持ち味を生かせると思うし、ここまでガチッとポジションを固めてしまうこともないのかな、と思います。

ともすれば「バックダンサー」のように扱われてしまってもおかしくない空・理香子・真尋・みりあの4人は、それぞれが個々に持っているアイドル性の高さ、生き生きとしたダンスや確かなコーラスで見事に存在感を放ってはいるのですが、どうしても歌割やカメラ割の過多によって、萌々香と実生の印象が強く残ってしまいます。せっかく魅力的なメンバーが6人集まっているのに、すごくもったいないなという気もしますが、思い返せばこのライジングプロダクションという事務所は、昔から安室奈美恵withスーパーモンキーズだとか、ボーカルとダンスにはっきり分かれているSPEEDw-inds.だとか、こういったやり方が好きだったのでした。

まぁ何かしらの確固たる哲学があってやっていることでしょうし、事務所だけのせいにするのも違うとは思いますが、結局のところ、ライジングプロダクション=平成初期の成功体験が忘れられない事務所、と言い換えても良いのかもしれません…。


そして前述の通り、フェアリーズのメインボーカルでセンターと言えば、デビュー時からずっと伊藤萌々香がそのポジションについていました。

萌々香は愛らしいルックスと強靭な肉体・精神力を持ち、あらゆる面で非常にスペックが高く、彼女が魅力と才能に溢れた稀有なアイドルであることは間違いありません。特に歌いながら踊り続ける超人的なスキルとスタミナにおいては、女子アイドル界では間違いなくトップクラスであると言えます。人気・実力ともに兼ね備えた萌々香は、デビュー時からずっと絶対的なエースであり不動のセンターであり、まさにフェアリーズの象徴とも言える存在でした。

そんな伊藤萌々香が、11枚目のシングル「相思相愛☆Destinationで初めてセンターを外れ、その後釜に下村実生が収まったことは、個人的には2015年のアイドル界10大事件に入れても良いくらいの衝撃でした。(※そのあたりについては下記をご覧ください)

idol-navi.hatenablog.com

youtu.be

 

萌々香のカリスマ性、歌唱力・ダンス力のレベルの高さは、本当に目を見張るものがあると思います。繰り返しになりますが、特にダンスと歌の総合力では、同年代のアイドルの中でも、屈指のレベルなのではないかと思います。

そんな萌々香をセンターから外すことは、実力派アイドルを自任するフェアリーズのアイディンティティを破壊しかねない、ものすごい冒険に思えましたし、しかもその跡を継ぐのが、あの超マイペースでおっとり型の実生ということで、正直言って私にはにわかには信じられない出来事でした。もちろん、実生が持ち前の努力と根性で、めきめき実力をあげていたことは間違いありませんし、なんとなく実生が推されているのかな、というのは感じていましたが、本当に実生をセンターにするの!?という驚きの気持ちが一番大きかったです。

しかし結果的には、私の心配をよそに実生は見事にその重責を果たし、いつの間にか萌々香にも引けをとらないダンスと歌唱力を身につけて、堂々とセンターの座で輝きを放ってくれたのでした。


デビュー時は一番端っこで踊っていた彼女の鮮やかな「下克上」に、私は思わず心を躍らせ、引き込まれたものでした。元々フェアリーズはメンバー全員のスペックが高く、誰でもセンターになれる力を持ったグループですので、これを契機として、新しいフェアリーズが始まるんだ、と思いました。 

総合的に見てルックスやアイドル性、パフォーマンスのレベルが異常に高いにも関わらず、売上的にはイマイチふるわなかったフェアリーズにとって、このセンター交代劇は、「今度こそ売れるぞ!」という気合の現れのように感じました。私はこの変化を歓迎したいと思っていました。

 

ところが、続く12枚目のシングルでライジングプロダクションが選択したのは、伊藤萌々香のセンター復帰」「変わり映えしない歌割」だったのです。


プーチンもびっくりのタンデム体制を選択?

突然ですが、プーチン大統領がメドベージェフ首相と交代でロシア首脳の座についている現在の体制を、「タンデム体制」というらしいです。どちらかが任期満了になるまで、交互に大統領と首相の座に就くこの体制で、ロシアは四半世紀ほど2人の政治家によって政権を牛耳られていることになります。

カリスマ性あふれる元KGBのエージェント・プーチン氏と、プーチンの操り人形というイメージが強いですが実は頭の切れる実力者であるメドベージェフ氏。ホモ説・不仲説・メドべージェフは宇宙人説・メドベージェフはプーチンのペット説等色々ありますが、2人はそれぞれ政治家として確固たる力とカリスマ性を持ち、そして足りないところを補い合うような形でタッグを組み、ポジションを交互に交代しつつ、ロシアの政権の座をガッチリ固め続けているわけです。

ロシア国民からしてみれば、プーチンやメドベージェフの支持者にとっては「2人がトップを固めていればロシアは安泰!」という安らかな気持ちなのかもしれませんが、実質的には独裁体制にあたるわけですから、当然不満の声も上がってくるわけですよね。そのたびにプーチン氏・メドベージェフ氏は言論統制とも言えるメディアの締め付けを行ったり*2、外患を利用して愛国心をあおったりしてうまく不満をそらし、当分のところこのプーチンを主軸としたタンデム体制は揺るがないように見えます。

youtu.be

うーん、シュールな図だ…。


まぁつまり何が言いたいかというと、とりあえず今後も、萌々香と実生の2TOP時代は続き、この2人を交互にセンターにおいていくような体制になるのかもしれないなぁと感じました、ということです。

実生がセンターに抜擢されたことで、今後は真尋やみりあ、空、理香子にもセンターになるチャンスが巡ってくるのでは!?と思いましたが、どうもそうゆうことではないみたいです。

 

しかし、まだあきらめてはいけません。

今回のシングルは今までと大きく違っている点があります。それは、カップリング違いの7バージョンが発売され、メンバー全員のソロ曲が収録されているという点です!!


ソロ曲披露を見て思うこと

しかしソロ曲が披露されたイベントの動画を全て見て、まず思ったことは、「そりゃー事務所も下村実生を推すわ…」ということでした。

youtu.be

 

誤解のないように申し上げますが、他のメンバーのソロも、どれも全てとても良かったのです。

萌々香は安定の歌唱力を見せ、落ち着きのある余裕さえ感じさせるパフォーマンスです。曲の雰囲気に合わせた表情の作り方もうまいし、非の打ちどころがありません。長年フェアリーズのセンターを背負ってきた貫禄のようなものを感じました。

最初に聞いたときは、他のメンバーが流行りの洋楽っぽい感じが多いのに比べて、萌々香の曲は曲調が古臭かったので、「なんで萌々香だけこんなダサい曲なんだ?」と唖然としてしまいましたが、何度も聞くと非常に耳に残りやすい良曲だとわかりましたし、萌々香の声質にも合っていて、彼女は中森明菜山口百恵的な売り方もアリなのかなーと思いました。

youtu.be

 

空は得意のキレキレなダンスとラップで、大人っぽい雰囲気を見せてくれ、相変わらずフェアリーズの「スパイス」として欠かせない存在であることを強くアピールしていました。クールな曲調が空の雰囲気にピッタリだし、ダンスの振付がめちゃくちゃカッコいいです。まさに彼女の真骨頂を見たというか、空にしかできない曲だと思いました。

それにしても、最初に緊張しまくったコメントをしている空が可愛すぎて、見ているこちらまで手が震えました。ダンスしているときの堂々たる姿とのギャップがたまりませんね…。

youtu.be

 

理香子はコケティッシュな雰囲気が非常に魅力的で、美しいハイトーンボイスが心地よく、この歌声をもっとシングルの中でも聞きたいものだと強く思いました。理香子の声の可愛さは本当に筆舌に尽くしがたいものがあります。曲調も理香子の雰囲気にピッタリだし、ダンスも一番アイドルらしさがあってすごくキュートでした。

私見ですが、こうゆう衣装と曲調は、理香子のセクシーさが強調されてすごく良いと思います。写真集出すなら萌々香もいいけどまずは理香子でしょ!と思います…。

youtu.be

 

みりあはもうひたすら可愛いです。みりあの可愛さというのは、気まぐれなネコっぽい感じで、胸キュンとしか言いようがありません。ダンスもパワフルなのに女の子らしくて可愛くて、見ていてとても楽しい気持ちになります。これはみりあにしか出せない味だと思いますし、テンション高めでちょっとコミカルな曲調にもよく合っていると思いました。

youtu.be

 

真尋は新しい一面を見せてくれました。私の中の勝手なイメージで、もっとアイドルっぽい路線でくるかと思いましたが、こんなにダンスがうまくなっているとは、そしてこんなにスタイリッシュな雰囲気を出せるとは驚きました。まだまだ可能性に満ち溢れている子だと思いました。

曲もめちゃくちゃ良いです。個人的には、ソロ曲の中で楽曲もダンスの振付も一番好きかもしれません。真尋にこの曲をやらせたのは本当に大正解だと思います。

youtu.be

 

しかし、個人的な感想としては、やはりどうしても下村実生の驚異的な成長に、完全に心を奪われてしまいました。

Poker faceの伊藤萌々香を見た時と同じか、それ以上のインパクトがありました。
まだ歌唱力に弱さがありますが、スタイル・ルックスの良さはもちろん、女性らしいしなやかさと力強いメリハリのバランスがとれたダンスがすごく魅力的だし(と言うか、単純に好みの問題として、私は実生のダンスがとても好きなのです)、自分の魅せ方というものを分かってきたように思います。そして何よりも、激しく踊り息切れしながらも、生き生きと楽しそうに歌う実生を見て、彼女のこの道にかける覚悟というか、根性のようなものが見えた気がしました。

よく彼女は「努力家」と呼ばれていますが、まさにその通りで、自分に足りないものを必死で努力することで補い、がむしゃらに次のステージに進もうとする明確な上昇志向、そしてそれを実行するの意志の強さを感じます。

おとなしくてモジモジしている印象の強かった実生ですが、彼女は確実に変わってきています。

 

今回のソロ曲で、恐らく最も難易度が高いことをやったのは実生なのではないかと思います。

実生にとって、相当チャレンジングな曲だったのではないかと思います。歌もダンスも、彼女の実力以上のものが求められていると思いました。動画を見ただけでアレコレ言うのも気が引けますが、正直まだモノにできていない部分もありそうだし、いっぱいいっぱいになっている部分もありましたが、よくここまで楽曲に追いついたな、と思わず感動してしまいました。この曲に挑んだ実生は、本当によくやったと思います。

まぁそれが誰の意志によるものなのかは知るすべもありませんが、1つ確実に言えることは、実生はその期待に応えてみせた、ということです。もっとも、売上的な結果はまだわかりませんが…。

 

そして、事務所が執拗とも言えるくらい激しく実生を推す理由の1つが見えた気がしました。つまり、ライジングプロダクションは実生に「第二の安室」の可能性を夢見ているのではないかと思ったのです。

 

「第二の安室」という夢と現実

 フェアリーズが所属するライジングプロダクションという事務所は、言ってしまえばすでに全盛期を過ぎた、過去の事務所です。

ライジングが最も輝いていた時代は、安室奈美恵MAXSPEEDDA PUMPと次々に沖縄アクターズ系のスターを輩出していた平成初期で、特に安室奈美恵の成功は、ライジングにとって非常に重要な出来事だったと思います。

しかし、その後MAX、SPEED、DA PUMPは年齢を重ねるごとに徐々に第一線を退くようになり、後輩の育成も思うようには成功せず(w-inds.Folder5三浦大知、Lead、どれも素材は悪くないのですが、ブレイクには至らず…)、唯一現役のまま第一線で活躍を続けていたのが安室ちゃんでした。

ところが、そのライジングきっての稼ぎ頭であった安室ちゃんは、2014年に事務所から独立してしまいました。契約の内容まで知る由はありませんが、20年以上にわたって安室ちゃんのマネージメントを一手に引き受け、恐らく非常に多くの恩恵を受けてきたであろうライジングが被った損害は計り知れないでしょう。何より、「あの安室の事務所」というステータスが消えたことで、ライジングという事務所そのものの存在価値が落ち始めてしまったように感じます。

 

そして、過去の栄光をもう一度…!とばかりに社運をかけて結成されたのがフェアリーズのようなのですが、その結果は、セールス的には残念ながら今のところあまりふるわない、と言わざるを得ません。

決して素材は悪くない、それどころかどこに出しても恥ずかしくないルックス・スキルを備えたハイクオリティアイドルであると思うのですが、それでも何の因果か、デビューから4年が過ぎても彼女たちは思うように売れないままです。

彼女たちは実力派を売りにしているので、年齢が上がってもあまりその魅力が落ちることはないとは思いますが、全体的に現在の日本では若いアイドルがもてはやされる傾向にありますので、早く売れるに越したことはありません。

現在最年長の理香子が19歳ですから、彼女が20歳を迎えるまでに、なんとかある程度は軌道に乗っておきたいところです。と、個人的には思います。

 

今後もライジングは、基本的にはフェアリーズを将来的な主軸のひとつに据えて、引き続き時間をかけて売り出していくしかないと思うのですが、結局のところこの事務所は、常に第二の安室奈美恵を求めているのだと思います。

谷村南奈も、最初はその路線だったと思います。今はモデルとして成功した西内まりやが、恐らくその筆頭にいるのでしょうね。立て続けにシングルをリリースしているのに加え、じゃんじゃんバラエティやドラマに出演しているのを見て、ライジングが彼女に相当気合を入れているのを感じます(しかし彼女のマルチタレントっぷりを見ると、西内まりやは安室ちゃん路線と言うよりも観月ありさ路線で、女優中心でいくのかもしれません。歌うまいですけどね)。

youtu.be

 

さらに言うと、伊藤萌々香がソロデビューした際も、事務所がなんとかして第二の安室を生み出そうと必死になっている姿が見て取れるような気がしていました。

女性から支持される、歌えて踊れる息の長いアイドル。安室ちゃんの成功体験をなんとかしてもう一度再現させようとしているのかもしれない、と思いました。

 

そして、今回のソロ曲を見て、個人的に思ったのは、下村実生も実はその候補になりうるのではないか、ということです。

というよりも、実生は、実は今密かに最もそこに近い場所にいると言えるのかもしれません。そして彼女は、事務所のその期待にこたえようとしているようにも思えます。

スタイルもルックスも、そして歌唱力と言うよりはダンスのうまさが売りで、「踊りながら歌う」能力に長けている点も、第二の安室奈美恵に近いのは、実は西内まりやよりも伊藤萌々香よりも、下村実生かもしれません。まぁ実際には、安室ちゃんに近いと言うより、「事務所が好きそうなのは実生みたいなタイプ」と言ったほうが良さそうですが…。

しかし1つ懸念となるのは、実生がいまいちブレイクしそうにないというか、フェアリーズ内でも爆発的に人気があるというわけではないことです*3。セブンティーンの専属モデルで頑張っているようですが、西内まりやほどは人気を得ていないようですし、いまひとつパンチに欠ける部分があるのかもしれません。

 

そしてやっぱり、安室奈美恵は本当に偉大であり、ひとつの奇跡だなぁ、と思います。10代からずーっとエンタメ界の第一線で活躍し続け、現在でも老若男女から支持されているアイドル歌手というのは、安室ちゃんを置いて他にいないのではないでしょうか。それは彼女のルックス・スタイル、歌やダンスの実力というのももちろんありますが、それ以上に彼女が「安室奈美恵」という自身のイメージを確立し、それを一貫して守り、維持し続けているところにその凄さがあると思います。

決してブレずに「安室奈美恵」という1つのブランドを作り上げた彼女の戦略は素晴らしいの一言ですし、クレバーだなぁと思います。そして、時代的にもその正攻法がうまくハマッたんでしょうね。私自身、幼いころテレビで見る安室ちゃんにめちゃくちゃ憧れましたし、「アムラー」なんて言葉も生まれたぐらい安室ちゃんのフォロワーが街中にあふれかえり、茶髪に厚底ブーツで男性を押しのけてグイグイ歩いていました。平成初期っていうのは「強くてカッコいい」女性が支持されるイケイケな時代だったというか、安室ちゃんが大衆に支持される土壌が整っている時代だったと思います。*4

 

しかし安室ちゃんほどのカリスマ性はないとはいえ(このあたりも思い出補正が入っているので冷静な見方ではないのかもしれませんが)、普通に考えたらフェアリーズは、そして実生は売れる要素満点だと思うのですが、それがあまり響いていないということは、まさに時代が変わったということなのでしょうね。

うまく言えませんが、今の時代においては、アイドル本人の魅力に加えて、売るための「仕掛け」が必要であり、ライジングは少しその方向に疎いというか、正攻法しか取れない事務所というイメージがあり、本質的な歌やダンスにこだわるところは本当に大賛成なのですが、それとは別に戦略的なプロモーションの部分で、もうちょっと色々新しいことを考えてみて欲しいなぁと思います。

できることは、まだまだたくさんあると思いますよ。とりあえず、ケチらずにコンサル入れましょう。

 

とりあえず売れてください!!

 だいぶ話がズレましたが、何はともあれ、今回全員がソロ曲を歌ったということは、本当にとても良い変化だと思います。

ファンにとっても本当に朗報というか、待ち望んでいたことだと思いますし、恐らく反響もかなり大きいでしょう。セールスに跳ね返れば、今後このタンデム体制が大きく変化することも十分ありえます。というか、その可能性が高いと信じたいです。

 

確かに萌々香と実生のレベルは高いですが、他のメンバーをバックダンサー扱いしてしまうのはあまりにもったいないですし、そもそもフェアリーズというグループのあり方としてちょっと間違っていると思います。

歌とダンスにこだわる本格派の事務所が、実力主義にしたがる気持ち(そして、第二の安室をなんとか作りたいという気持ち)もなんとなくわかるのですが、フェアリーズはそういうグループではないと思いますしそういう時代でもないようですし、全員がセンターになれる魅力を持っていて、全員が歌って踊れるということをもっと売りにしていったほうが良い気がします。

今回のソロ曲で、他のメンバーもしっかり実力をアピールできたと思いますし、これが良い変化につながるといいな、と思います。

 

他のメンバーの歌割が増えて、早く名実ともに「全員が歌って踊れる」グループになるといいなぁ、と思いつつ、でも事務所が萌々香と実生を推したがる気持ちもわかるなぁ~と思いつつ、何はともあれフェアリーズには早く実力通りにと言うか順当に売れて欲しいと、強く願わずにはいられません…。

売れることだけが全てではないですが、今のフェアリーズにとって一番重要なのは売れることでしょう。私もCD買ったので、皆さんも気前よく買ってください!!!!

 

Mr.Platonic(CD+DVD)

Mr.Platonic(CD+DVD)

 

 

*1:※ファンの方が撮影したものを拝借しています。フェアリーズのイベントは基本撮影自由なようです。

*2:メドベージェフ氏はもうちょっとリベラル派と言われているようですが、実際のところどうなんでしょう…

*3:そもそも、フェアリーズ自体まだブレイクできていませんが…。

*4:いや、「時代が安室を生んだ」と言った方がカッコいいかな…そんなことないですかね…。