読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非メジャーアイドルナビ

一般的に「非メジャー」に分類されるであろうアイドルを追跡するブログです

2015年アイドル界(個人的)10大ニュース

あけましておめでとうございます。

今更ながら、私の思う2015年アイドル界10大ニュースを挙げておきます。特に意味はナイですが、後々見返して「あーこんなことあったなー」としみじみ振り返るための個人的な記録です。*1

 

第10位:福田花音がアンジュルム・ハロプロを卒業

私の中で1つの聖域となっていた「スマイレージ」が、まさに終焉を告げた瞬間でした。福田花音さんの作詞家としての第二の人生を応援しています。さっそく作詞の仕事もあったようで、良かったですね。

idol-navi.hatenablog.com

 

第9位:川栄李奈AKB48を卒業、元ジャニーズの問題児・浅香航大とスキャンダル

 

川栄はおバカキャラでプチブレイクしたみたいだし、握手会での不幸な事件もあったりで、AKBを卒業したこと自体はそんなに驚かず、むしろ良かったねと思って見ていたのですが、年末(年明けかな?)のスキャンダルで度胆を抜かれて突如9位に浮上。

一時は伊野尾ちゃんを凌ぐ推されっぷりだったと記憶している浅香大先生、悪い噂をたくさん残してジャニーズを去って行ったようですが、現在また俳優としてボチボチ売れ始めているようで、何より何より…。久しぶりに見た浅香大先生がすっかり大人のオトコになっていて、なんとも言えない複雑な気分になりましたが、川栄はたぶんとても良い子だと思うので、幸せにしてあげてください、真面目に。

 

第8位:鞘師里保モーニング娘。を卒業

 

りほりほの卒業も、そこまで驚かずに受け止めることができました。留学先ももう決まったのでしょうか。ハロプロに籍は残しているようなので、しばらく好きなことを自由に学んで、新しい鞘師里保として華麗なカムバックを果たして欲しいです。

idol-navi.hatenablog.com

 

第7位:島村嬉唄がカントリーガールズ・ハロプロから脱退

 

うたちゃん…。(言葉にならない)

 

第6位:手越大先生とAKBゆきりんの鮮明すぎるスキャンダル

 

あの鮮明すぎる写真の出所は?という疑問がつきない超大物アイドル同士のスキャンダル。

手越大先生の清々しいほどの見境のなさに、心の底からスカッとしましたし、ゆきりんの華麗なるスルーっぷりにも、心の底から拍手を送りたいと思いました。

idol-navi.hatenablog.com

 

第5位:松井玲奈SKE48を卒業

 

こちらも決して驚いたわけではないニュースでしたが、玲奈が抜けたらSKEはガタガタでは?と他人事ながら冷や汗をかくくらい心配になりました。じゅりな頑張れ、なんとかがんばれ。

そしてそろそろ飽和状態であろう「48卒業生枠」での、今後の血みどろの椅子取りゲームに期待しています、ゲキカラさん。

 

第4位:ベリーズ工房が無期限の活動休止

 

これはショックでしたね。ベリーズ工房℃-uteも、良い年の重ね方をしているし、個性のあるグループだから、あと5~6年は解散はないだろうとタカをくくっていました。幸いにも「活動休止」という形ではありますが、アイドル界において唯一無二の存在であったベリーズ工房の事実上の「引退」は、寂しい限り。

ももち先輩や雅ちゃんあたりはまだまだ「アイドル」として一花咲かせてくれそうですが、他のメンバーはすっかりアイドルに未練なさそう…。そして雅ちゃんの新グループオーディション、真面目にやってくださいね。Buono!の再始動はもちろん嬉しいニュースですが、雅ちゃんのオシャレ感あふれる新グループに期待しています。

 

第3位:Leadが「私の好きな二大アイドル」の座から転落

 

世間的には本当にどうでもいいことでしょうが、個人的には超ビックリな出来事。ここ数年心の底から応援していたアイドルだっただけに、残念無念。再浮上を強く願っていますがどうなることやら。年末ライブで若干盛り返したかな?

ちなみに二大のもう1つのほうの℃-uteは安泰、後釜になんとなくフェアリーズが浮上中。バランス的に、男のアイドルがいいんだけどなぁ。

 

第2位:フェアリーズのセンターが一時的に交代してまたすぐに戻る

 

これもわりと世間的にはどうでもよいことだと思いますが、個人的には超・衝撃を受けました。とにかく今年の収穫は下村実生です。スタイルが超絶良いだけの天然不思議ちゃんだと甘く見ていた彼女が遂げた驚異的な成長は、日本女子アイドル界においてちょっとした事件だったのではないかと思います。たぶん。

伊藤萌々香下村実生という現在の日本女子アイドル界におけるハイパーハイスペックな逸材2人の競演に、胸が躍ります。が、フェアリーズはセンター固定しないほうがいいと思いますよ。

idol-navi.hatenablog.com

 

第1位:田口淳之介KAT-TUNジャニーズ事務所から脱退

 

実は、地味に一番ショックだったのは、コレでした…。これ以上KAT-TUNのグループ名の整合性を奪わないでください…!!もはやファンが(T_T)っていう泣き顔の顔文字みたいなところを担当しなきゃいけないじゃないですか!!なんかそれってちょっとうまくできてるじゃないですか!!!!

しかし正直言ってKAT-TUNの結成時から今に至るまで、1秒たりとも欠かすことなくグループから浮きまくっていた田口くん。それでも彼がいないとなると、途端にKAT-TUNの空気が一変してしまう気がするから不思議です。長い時間をかけて育んできたグループの空気って、何物にも代えがたいものがあるなぁと思います。新天地でがんばれ、田口くん…。

さて、とうとう3人になってしまったKAT-TUN。アイドルが天職である亀梨氏の残留は当然のこととして、なんだかんだ一番芸能界に未練なさそうだった上田・中丸組がキッチリKAT-TUNを守り、責任を持って仕事しているあたりにジーンときます。色々大変だと思うけど、幼い頃ジュニア時代の彼らのすさまじいパワーに魅了された身としては、今後も末永く解散せずに続けて欲しいですね。

 

総評:男子アイドルの奮起を待つ。

総評としては、今年はとにかくハロプロ関係の動きが多かった!ので、ランキングも自然とハロプロ関係が占める比重が多くなりましたね。

アイドリング!!!の全員卒業も大事件だし、AKB48のあきちゃ卒業、東京女子流の小西彩乃の卒業・芸能界脱退も衝撃的でした。特にアイドリング!!!は、外岡さんとフォンチーが結構好きで初期の頃は一生懸命深夜のテレビ見てましたから、なんとなく思うところはありましたが、最近はすっかりご無沙汰だったのでランク外に。やっぱりあんまり卒業とか脱退とか新加入とかしないで欲しいですね、アイドルグループには。グループとしての同一性に欠けるから応援するモチベーションが下がってしまうのです。

そういう意味で、今年は盤石の態勢で臨んできたフェアリーズが私の中で1人勝ちの1年でした。売上的には微妙でしたが、今最も見ていて楽しいのはフェアリーズかもしれません。ルックスもパフォーマンスも文句ナシなので、あとはただもう売れるだけです。そう、簡単なことですよ…売れるだけ…あとCDが10万枚くらい売れるだけ!!

あとは年末に飛び込んできたももクロの紅白落選も、個人的には驚きでした。確かに全盛期に比べてちょっと勢いは落ちてきたとは言え、まだまだアイドル界のフロントランナーで話題性もタップリのはずのももクロは、なぜNHKから三行半を突き付けられたのでしょうか?裏事情はよくわかりませんが、すでに「ライブアイドル」として一定の地位を確立しているであろう彼女たちにとってそんなに大きなダメージではないようにも思うので、あまり気にせずに2016年も変わらずわが道を行って欲しいですね。

 

それにしても話題はほとんど女子アイドルばっかり。個人的に今見ていて楽しいのは圧倒的に女子アイドルなんですよね。2016年は、男子アイドルの奮起に期待したいです。ジャニーズでもライジングでもスタダでもなんでも良いです。

2016年は、若くてカッコよくてスキルあって真面目な男性アイドルを応援したい!!

 

今年もどうぞよろしくお願い致します。

*1:もしかしたらところどころ2015年じゃない話題が紛れ込んでいるかもしれませんが、大目に見てください…。